Meteoropathy気象病とは

気象病は、気象・天候の変化により起こる身体の不調の総称で、頭痛や食欲不振、めまい、関節痛、倦怠感、気分の落ち込み(うつ)、喘息、吐き気など様々な症状がみられることが特徴です。 原因は、気圧・気温などの気象の変化をきっかけに、自律神経のバランスが乱れる事で起こると考えられています。特に気圧が低下する際に受ける影響が大きいとされ、症状が出やすくなります。

わが国では、特に梅雨の時期など、上空に低気圧があると、地上の気圧も低下しやすくなります。大型低気圧の台風も同様に、接近に伴って気圧が低下しやすくなります。 これらの理由から、この時期には気象病の症状が集中するといわれています。

気象病には耳が深く関係している!?

飛行機に乗った際やダイビングの際に経験する「耳抜き」のように、かねてより大きな気圧の変化が身体に及ぼす影響は知られていました。 近年、気象病を専門とする佐藤純教授(中部大学)らの研究により、聴覚から得る情報を脳や神経に伝達する「内耳」の前庭器官には、 気圧の変化を感知するセンサーがあることが明確になり、さらには、日常体験する程度の軽微な気圧変化においても、身体に及ぼす影響があることが論文発表されました。

気象病の代表的な症状

頭痛、食欲不振、めまい、関節痛、倦怠感、気分の落ち込み(うつ)、喘息発作がでやすくなる、
狭心症の症状の悪化、吐き気、首や肩のコリ、低血圧、古傷の痛み、手足のしびれ など

改善のカギは自律神経の安定

センサーは人により感受性が異なり、同じ気象病といっても、無症状であったり、敏感に反応して過剰な情報が伝わり症状が重くなる方もおられます。 生活習慣やストレスをきっかけとする自律神経失調症にも同じような症状がみられますが、これらの相互作用によって、より症状が顕著になる可能性も指摘されています。 そのため、自律神経の恒常性、すなわち交感神経と副交感神経のバランスをうまくコントロールすることで、症状の緩和・改善に期待できるのではと考えます。

最近では耳を引っ張る事により、前庭器官の血流を良くするストレッチ治療が話題になっています。 ゆう鍼灸整骨院では、「電気温灸器を使って耳介を介して内耳のを温める」ことと「後頭部・頚部の自律神経領域を温める」温熱療法により、気象病の緩和・改善施術を行なっています。 効果は個人差がありますが一度、お試しになってはいかがでしょうか?新たな景色が見えてくるかも知れません。

Reservationご予約

耳温熱療法(約30分)

1回 3,850円(税込)
★5回券 16,500円(税込)
(1回あたり3,300円(税込))

耳温熱療法はマッサージ治療が主ではありません。温めて血流を良くする温熱療法です。ご希望により、+1000円でマッサージを10分追加出来ます。

Access

受付時間 日・祝
9:00~12:45
15:00~19:15
※ 水曜、土曜(★表記)は、13:30までの受付です。
※祝日がある週の水曜は、●表記の平日と同様の受付時間です。

Schedule

ご相談・お問い合わせはこちら


ゆう鍼灸整骨院では、整骨・接骨治療、はり・きゅう治療を行っております。
各種治療・症状に関するお問い合わせ・ご相談は、お気軽にお電話・メールください。

メニューを閉じる